年賀切手、買いに行きます

中国における年賀切手に価値がある

日本には年賀状の習慣があります。毎年11月の初めごろに発売され、12月の中旬から下旬までに出せば1月1日に配達してもらえます。かつては多くの人が年賀状を利用していましたが、最近はそれ以外でも手軽に挨拶ができるようになりました。利用者は年々減ってきているようで、年賀はがきを発行しているところでもいろいろな対策をしています。新年の挨拶として年賀状を送る習慣があるのは日本だけではありません。日本の他に韓国、中国、台湾などでもあるようです。中国においては年賀状を出すときに貼る年賀切手と呼ばれる切手が販売されていて、年賀状を出すときには多くの人が買い求めます。何年も前からある習慣のようです。中国切手は切手買取市場でもそれなりに価値があるとされていますが、ある切手は年賀切手としてよく知られているタイプになります。日本においてもよく知られている存在なので、多くの買取ショップでは高値で買取してくれる可能性があります。相場が高い時に買取依頼すると良いでしょう。
手間をかけずに売りたい派、少しでも高く売りたい派
手間をかけずに売りたい人にお勧めなのが、金券ショップへ持ち込む方法とネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。金券ショップへ持ち込むメリットとしては、その場で買い取ってくれる点です。すぐに収入になるというのはうれしいですね。しかしデメリットは、コレクションとして集めた切手を高く買い取ってくれるところではないところです。どちらかというと切手をたくさん買ったものの余ったから売ってしまおう、というのに向いているようですね。ではフリマアプリはどうでしょう。こちらはオークション形式のため高く売れる可能性があります。出品した後はそのまま放置できるという点もメリットでしょう。しかし発送の手間がかかる、収入になるまでに時間がかかる、売れるとは限らない点に注意しなければなりません。やはり切手を売るなら少しでも高く売りたいと思う人は多いでしょう。そんな少しでも高く売りたい人へ向けたお勧めの方法を紹介します。インターネットで複数の切手買取業者へ見積もりを依頼し、金額の高いところへ売ること。切手買取を専門とするお店へ持ち込むことです。専門店へ持ち込む場合、バラ切手は切手の額面ごとに分けましょう。プレミア切手は折り目がついたり、切れたりしないように保管することが大切です。手間をかけることで、少しでも高く買い取ってもらえますよ。