年賀切手、買いに行きます

売る前に複数の切手買取専門店に査定依頼を

少しでも高く切手を買い取ってもらいたいと考えた時に、やっておきたいのが切手買取専門店での見積もりです。1つだけではなく専門店はいくつか探しておいて、複数のお店で査定をしてもらいます。複数の業者を探して見積もり依頼をするのは、実際には面倒な部分もありますし、専門の買取業者なら査定額も変わらないような気がするかもしれません。しかしいくら切手を専門に取り扱うお店といっても、鑑定士によって金額の判断には差がありますし、意外な種類が高額査定となるチャンスも秘めています。現在では査定をするのに専門業者のホームページを利用して、写メールなどでメール送信を行って査定ができるお店もあるため、こうしたシステムを利用しない手はありません。1件1件お店をはしごして査定に回るのは、時間と交通費と労力が必要ですが、メール査定ができる業者なら手間なく簡単に申し込みをすることが出来ます。画像を添付して備考欄に切手情報を入力して、あとは査定結果を待つだけならば、複数の切手買取専門店への査定も楽です。
切手買取は状態によって査定が左右する
郵便物を送るときに切手を使います。郵便局などで所定の金額分を購入し、裏を水に浸けると粘着力が出てきます。それを紙に貼るときれいに貼りつくのでそのまま郵便物として出します。普段使う切手に関しては指でどんどん持ったりしますが、切手買取に出すような切手を粗末に扱ってはいけません。価値があるものを購入したり、親族などがコレクターで古いものが残されているときがあるでしょう。その時には業者に査定をしてもらうと価値を知ることができます。同じ切手としても状態によって査定額が大きく変わります。標準の査定額は新品できれいな状態になるので、それ以上になることはないでしょう。後は状態によってどんどん下がっていきます。破れや汚れなどがあると大きく価値が下がります。指で直接持つと皮脂が付くので傷みやすくなります。他の切手とごちゃ混ぜにして保管していると、紙同士なのでくっついたりしてはがれにくくなるかもしれません。一枚ずつ丁寧に保管するようにしましょう。