年賀切手、買いに行きます

切手を買い取ってもらう前にしておくこと

過去に集めていた切手や、遺品整理など様々なシーンで切手を手放そうと考えることがあるのではないでしょうか。その際には少しでも高く売りたいと感じるのは当然のことであり、そのためにも切手を売却する前には切手の総額面がいくらになるのか調べておくべきです。買取店により査定ポイントや買取レートは違いがあるので、場合によっては総額面の半額以下になってしまうこともあります。総額面を知っていればキャンセルという選択をすることができます。さくら日本切手カタログを参考にすることができますが、掲載されている評価額は最も状態の良い美品の場合の金額であり、手持ちの切手の買取額になるわけではないので気をつけましょう。プレミア価値が付くものとなれば、掲載されている金額よりも高値で買い取ってもらうことができるものもあるので、どの程度の価値がある切手なのかを理解しておくことも、売る前には行っておかなくてはならないポイントとなります。
切手買取は金券ショップに持っていくこと
切手が余っているというのであればそれは売ってしまうということも一つの選択肢として考えておくと良いでしょう。切手買取をしてくれるというところは割と多く存在しているので探すことに苦労することはないでしょう。一番よいところは金券ショップです。そもそも切手というのは金券の一つであるといいますから当然金銭的な価値が分かりやすい形で存在しているわけです。額面通りに使うことができるものですから、当然その価値以上のものというのはアンティーク系しか存在しないわけですから売る場合においては自分の売りたいものが一体どちらに属するものであるのかということから考えてみると良いでしょう。普通にまだまだ販売されている切手であれば額面以上で買い取ってくれるということはまずありえないので注意しておきましょう。普通の切手であればそこまで買取に差が出て来るということもありませんから、基本的には普通の金券ショップに持っていくだけでも十分でしょう。