年賀切手、買いに行きます

切手買取で稼ぐためのポイントについて

以前に家族が収集していた切手のコレクションが出てきたりしたとき、その手の趣味をもっていれば格別ですが、ほとんどの場合何らかの方法で切手買取して換金したいと考えるのが一般的でしょう。しかし何も事前準備せずに売りに出してしまうと、買いたかかれることにもなりかねません。そこで少しでも高額で売却できるためのポイントを御紹介します。まず確認したいのは券面額でいくらになるのかを、確認しておくことです。数が多いと手間もかかりますが、消印が押されていないかぎり現在でも券面額の使用価値はあるので、査定の最低ラインを予め把握しておくことが出来るわけです。もちろん売りに出す切手の保管状態も大切です。欠けていると買取対象外の店舗もすくなくありません。ところ消印済みでは使用はできませんが希少価値が付くことで想定外の高額査定が出る場合もあります。希少性が出てくるのは昭和30年以前のものです。ここで切手買取にあたっても昭和30年以前発行のものは切手専門店、それ以降のものは金券買取店やチケットショップに持ち込むなど、適切な買取先に持ち込むのがお勧めです。
切手が思わぬ値段で売れてびっくりしました
父が若い頃に集めていたという切手が大量に見つかり、もういらないし処分しようということになりました。もしかしたらプレミア価値がある切手もあるかもしれないという話になり、期待も高まりながら買取店を探しました。探してみると思いのほかたくさんの買取店があることがわかったのでびっくりしましたが、お店ごとに買取金額には違いがあると思ったので、複数に査定してもらってから決めることにしました。お店に持っていくことも切手なのでそれほど大変ではなかったし、お店ではすぐに対応してもらうことができました。少し数もあるので査定には時間もかかりましたが、切手に関することを教えてもらうことができたり、楽しく待つことができました。複数に査定に出した結果、買取金額は倍以上の違いが生まれるということがわかったので驚きましたが、一つに決めてしまわなくて正解だったなと感じました。数多くの買取店がありましたが、満足できる結果になりました。